エピペン処方

アナフィラキシーショックについて

アナフィラキシーショックとは、薬物やハチ毒、食物などが原因となって極めて短い時間のうちに激しいアレルギー反応が全身に生じ、血圧低下や呼吸困難、意識障害などが起こって生命の危険さえ伴うこともありうる状態を言います。
過去にアナフィラキシーショックを起こしたことがある方、または今後起こす危険性があると思われる方には、緊急時に備えてエピヘン(アドレナリン自己注射)を携帯することをお勧めします。エピペンは、アナフィラキシーが現れたときに使用し、症状の進行を一時的に緩和してショックを防ぐための補助治療剤です。

当院の院長はエピペン処方医です

当院の院長は、アナフィラキシーショックの応急治療薬「エピペン」の処方登録医ですので、その処方が可能です。
エピペンの処方を受けたら、実際にアナフィラキシーが起こった際に適切な対処ができるよう、使用方法などについて医師からしっかりと指導を受けておきましょう。

応急処置後はすみやかに受診

エピペンはあくまでもアナフィラキシー症状を一時的に緩和してショックを防ぐ補助的な薬であって、根本的な治療薬ではありません。また、一度アナフィラキシー症状が治まっても、時間をおいて再び症状が現れることがあります。そのためエピペン使用後は注意深く様子を見ながら、できるだけすみやかに医師による治療を受けてください。